まじめの罠


まじめの罠 (光文社新書)
光文社
2011-10-18
勝間和代

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まじめの罠 (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



女性で、会社員で、仕事に行き詰っていたら、ぜひこの本を手に取ってください。
会社員はまじめでないとある程度までいけない。
でもある程度までいったら、今度はまじめだとその上にはいけません。

初対面の人と10分以上会話を続けることができない
知らない価値観、意見をついつい批判してしまう
努力する自分に酔う
まじめではないのに結果を出している人に対して敵意を持ってる
やたらとメモをとる、話が長い

こういうことに心当たりがあるひとは、該当すると勝間さんも言っています。
勝間さんにはいろいろな批判もあるが、私としてはなるほどという点も多い。
悩みから抜けていくプロセスも似たものがある。

ここから先はパラダイムシフトをし、
完璧なんてありえない
記録をつけよう(記憶を都合よく書き換えないために)
対等な関係(アサーティブ)を心がけよう
知識をばかにしない

というアクションがとれれば、幸運というものがどうやって人に入ってくるか、だんだんわかるようになってくるだろう。
つまり管理職のアプローチは、一兵卒時代とは違うのである。そして上にいくにはそれをやり遂げなければならないのである。

まじめな人は、まじめすぎていつのまにか視野がせまくなってしまい、チャンスの声がきこえないということですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック