「困った人たち」とのつきあい方


「困った人たち」とのつきあい方 (河出文庫)
河出書房新社
ロバート・M. ブラムソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「困った人たち」とのつきあい方 (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



少々翻訳で文章が冗長だが、ああ、こういう人はいる、自分もこのカテゴリーに入れられているのではないか、等々考えつつ読む。
タイプ別の個別の対処法も書いてあるが、やはり相手の特性をつかんで最終的に目的を遂行するようにしたい、となれば、ねばり強く接するしかないのかな、と思う。逆鱗に触れないように、シャッターを下ろされないように。

他の本でも書いてあったが、難しいお客さんを攻略するようにして、上司だったり部下だったりする周囲の仲間と接するしかない、というのが”困った人”への対処法なんだろう。
しかし、困ったとはいえ、会社なんでそういう人だらけなのよ。だからあまり困った扱いせず、神経質にならずに距離感を保ちながら公的な関係を築く、ということも大事なんじゃないだろうか。

私的な関係のようにはいかないです、お金もらってるんですから。
時には被害者、時には加害者、というのが会社だろうし、役割上仕方なくやっている人もいるのでは?
和気藹々で儲かる、というのは存在してもかなり規模的に限られた会社だろうと思う。
これだけの年代があつまった集団ですから、会社は。

"「困った人たち」とのつきあい方" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント